オー!ブラザーズ  Oh! Brothers 
 原題:オー!ブラザーズ 오!브라더스(オ プラドス) <2003>

 オススメ

 ストーリー

 韓流王道

 泣き

 笑い

名作

 映像

×

×

×


オー!ブラザーズ

浮気写真専門のカメラマン、オ・サンウ(イ・ジョンジェ)。不倫中の男女に願わ ない記念写真を撮って やり、生計をたてて いる。

そんなある日、彼に予期せぬ便りが飛んでくる。幼い時に女のために家を出て行った父が死亡したという便りと、彼の借金がそっくり自分に相続された と いうこと。

その借金を返す能力のないサンウは、薄情な父の死を恨む暇もなく、もう一人の相続人である腹違いの弟オ・ボング(イ・ボムス)と彼の母を探しに 出る。

一度も会ったことない腹違いの弟ボングを、噂を頼りに捜し出したサンウ。しかし、12歳年下のはずの弟ポングは、どう見ても30代半ばのおじさんで はないか。

弟ボングは、実際の年齢より4倍も早く身体が老化する早老症という奇病にかかっていた。 サンウは、弟の姿に大いにうろたえるが、父が残した莫大な借金から抜け出る為にはボングが必要だと判断し、やむを得ず彼との不便な同居を始 める。

【予告編】
監督 キム・ヨンファ <2003>オー! ブラザーズ、 <2006>カンナさん大成功です!、 <2009>国家代表

出演

イ・ジョン ジェ

出演作品一覧
イ・ボムス (李凡秀) 出演作品一覧

<< HOME

【レビュー&ネタバレ】
美 女はつらいで、661万人 動員という、
とんでもない記録を達成したキム・ヨンファ監督のデビュー作。
この作品自体も、350万人動員という脅威の記録を達成しております。
韓国では、200万人突破が<ビッグヒット>の目安だとか。

ちなみに、歴代記録は
グエムル~漢江の怪物~ 1300万人
王の男 1230万人
ブラザーフッド 1174万人
シルミド 1108万人
チング 友へ 818万人
トンマッコルへようこそ 710万人
タチャ イカサマ師 680万人
シュリ 621万人
マイ・ボス マイ・ヒーロー 612万人
JSA 583万人

美女はつらいの歴代トップ10入り により、 JSAが外れてしまったという・・・
ちなみに、日本で知名度が最も高そうな
私の頭の中の消しゴムは、 250万人 だとか。

韓国映画界にも鬼才は数多いけど、
二作共大ヒットさせたキム・ヨンファ監督は、エンターテイメントの鬼才では?
名作を生み出す監督とはまた違い、人を楽しませる天才なのかも。

イ・ボムスは、この作品のお礼として美女はつらいよ に特別出演しております。
キム・ヨンファ監督の作品には、全て出演すると約束したとか?
そういう義理に厚い人っていいわよね。

この映画では、イ・ボムスの持ち味を存分に発揮し、
笑いと涙のエンターテイメントに仕上げているわ。
<感動のラスト>という大げさなものではないけれど、
ラストは、涙無くしては見れれないわ・・・(人それぞれかもしれませんが)
日本での知名度はイマイチのようだけど、
mocaはすごく好きな映画なの。

内容は、人より4倍早く体が老化してしまう<早老症>の12歳の弟ポングと、
金儲けのために弟を探し出し、同居する24歳の兄サングの、
笑いと涙のヒューマン・コメディ。
(ちなみに、日本ではポング11歳、サンウ23歳)
これ以上は知らないほうがいいわ。
面白くなくなってしまうもの。


↓未視聴者、読むべからず↓


とにかく、イ・ボムス最高
ガンダムが大好き。
夜中に「チャイルド・プレイ」を観るわ、
怖いから大音量で目覚ましをかけるわ、
サンウにとってはちょー迷惑。
<性>に関しても、小学生ゆえのHさがあって、エロさ全開。
なんだけど、中身はやっぱり11歳。
そんなポングを強烈なキャラクターに見せてくれるのがイ・ボムス。

そして、兄は浮気写真を撮ったり、借金を取り立てて生活する
世間一般でいう<ロクデナシ>
けど、突然降りかかってきた借金は気の毒で、
10年も前に浮気相手の元に走り、音信不通の父の借金だなんて、
そんなの浮気相手の女に払わせようとするのも、まぁ、当然。
これがイ・ジョンジェが演じるからこそ憎めないのよねー
ポングを騙すための笑顔が最高。
こりゃ、女なら簡単に騙せるわ。

mocaの大好きなイ・ムンシクが悪徳刑事役というのが悲しい・・・
<冬のソナタ>のヨングク、リュ・スンスが、イ・ジョンジェの兄貴分ギテ役。
アタック・ザ・ガス・ステーション のガソリンスタンド社長パク・ヨン ギュが、
興信所の朴社長役。
冒頭の不倫男女は、ドラマ<真実>のチェ・ジウ母キム・ヒョンジャ。
男は、家門の栄光2のコン・ヒョンジン(笑)

探し出した腹違いの弟が障害者だと知り、
その手当て目当てに弟を引き取ろうとするけれど、
新しい専門の学校に入学させなければ、
その手当ても手に入らない。
その上、母親の居場所を尋ねれば、
「死んだ!」と言って、何も話さない。
仕方なく同居を始めるが、ポングのある才能を見出す。

見た目は30過ぎのおやじのポング。
スーツを着せ、髪をオールバックにし、<ヤクザ者>に仕立てるサンウ。
見た目おやじで、中身11歳の人間なんて、怪しさ極まりなく、
その上、人相まで悪いときた。
しかも、糖尿のせいでインシュリン注射を打つ様が、
まるでヤクを打つようで、すっかりやヤク中のヤクザ者。
そんなポングに、借金の取立てをさせる。
そんなポングが、何の疑いもなく
「学校には4回行った」
とか言うものだから、「刑務所に4回入った」と勘違いされ、
みんな恐れて、ラクラク借金を取立てできちゃうと。
こんなサンウとポングの日々が、おかしくてお腹がねじれるほど笑ったわ。


そして、そんなポングに惚れるのが、サンウの恋人で、ホステスのウナ。
ウナはポングに色仕掛けをかけるけど、
エロいポングでさえも、やっぱり11歳ではキスさえも「いけないこと」で、
ウナを拒み、逃げる様もまたおかしくて。


そんなある日、サンウの元に「人探し」の依頼が。
結婚を反対され、家を出てしまった妹ヒョンジュを探して欲しいという姉ヒョンシム。
父がもう余命いくばくもないと・・・
けれど、人情のないサンウは、簡単に諦めてしまい、
そんなサンウのいい加減さをポングは責める。
ポングの存在から、少しずつ今までの自分を反省し、
弟への情も沸くサンウ。
そして、姉妹の父と、妹の和解の姿を見て、自分を捨てた父を理解し始める。

↓結末、キケン↓


ギテの力を借り、ポングの母親を探し出したサンウ。
ポングの母は再婚しており、ポングの父親が亡くなったことは知らなかったのだ。
「新しい出発をしろ。ポングは俺が育てる」
と、ポングの父は全て自分で背負ったのだった。
「弱いところを見せない人だから・・・」
ポングの母親の言葉を聞いたサンウは、父という人間を理解する。
そしてポングも、母親の幸せを考え、自分が我慢していたのだった。

「僕たち、一緒に暮らしてはいけないの?」
ポングはサンウに尋ねる。
「ポング、영(ヒョン:兄)は自分の面倒も看れない人間だ」
「僕が面倒看ればいいじゃない。お金も稼いで・・・」
「お前は엄마(オンマ:母)を守ってやらなきゃ。トモと一緒に」


ポングの純粋さに泣ける わ...
ポングの母は再婚して、「トモ」という男の子がいて...
だからこそ、ポングは身を引いたのよね...
だったら、ポングはサンウと暮らせるのかなー
なんて思ったのに、なんで...
再婚相手である旦那さんも、「ポングさえよければ..」って言ってくれる優しい人らしく、
母も本当はポングと暮らしたかったみたいだし、
弟の「トモ」が、これまた強烈で・・・(笑っちゃうので観て欲しいわ(笑))
兄弟仲も心配なさそうなんだけれどね・・



サンウは、父の最期の時の話をポングに尋ねる。
(思い出しただけで、泣いちゃいます・・・)


僕が応急室に行ったら... 、パパが血をたくさん流していて...
それで.. ゆっくりパパに近づいてみたんだ。
すると、パパが僕を見ると.. 突然僕に..
ベッドのそばにパパの服があると...
そして、その服の中に金があると...
「必ず、その金で美味しい物を買って食べろ」と。
八万ウォン... 八万ウォンがあると。(約八千円)
財布を掻き回してみた。
けど.. 財布には四万ウォンしかないの。
パパが嘘をついたのか?
でなければ、とても苦しくて間違えたのだと。
でも.. 突然気になって、また、掻き回してみたところ、
また四万ウォンが出てくるじゃない。
合わせれば八万ウォン
これは、영(ヒョン: 兄)のものだよ。
四万ウォン
パパが明らかにお金を別々に入れておいたのは、何か考えがあったことだから。
貰って。これは영(ヒョン)の分だから。

サンウは、呆然としながらポングの手に握られた四万ウォンを受け取る。
一万ウォン札の一枚一枚に、血が染みついている。

サンウは、昔のことを思い出していた。
いつか、葬儀場で、父が渡した金を父の顔に投げつけてしまった・・・
サンウの目には、涙が溜まっていた。
サンウの目に、ポングの白髪が目につく。
「まだ若いのに、白髪なんて... 」
サンウは言葉が喉に詰まる。
「ママが染めてくれるって。チクショウ.. 泣くな.. 人が見るじゃないか!恥ずかしい」

父の残した四万ウォンの遺 品。
そして、兄が見せる弟への愛情...
白髪は... ポングの「死」を意識させるものだから...
泣いて、泣いて、
心温まる大好きなエンディングへ....
入院しているポングへ、サンウから手紙が届く。
사랑하는 동생.봉구에게.(愛する弟、ポングへ)
なんて、あのサンウが書くなんて...(笑)
弟の「トモ」がまたおかしくて...
サンウの手紙との絡みで、また心温かくなって...

それでは、エンディングです。



ベッドに横になり、テレビを見ているポング。
ベッドそばにはポングのママが座っている。
病室のドアを開き、看護師が入ってきて、ポングママに手紙を渡す。
手紙をポングに渡すママ。

愛する弟.ポングへ。ポング。問題起こさず元気でいるか?
ポング。영(ヒョン)とギテ兄貴で開業した。
何をするのか気になるだろう?
人を探してあげること.. どう?
看板はヒョンジュの旦那さんがプレゼントしてくれたし..
まだ、お客さんは少ないけど、心配するなよ。
どんなことも、初めは大変だということ分かるだろう?
パパの言葉通り、またゼロから始めるのだから。
そして....
ギテ兄貴は、来月結婚する。
誰なのか気になるだろう?
ヒョンシムだ。
そして、ウナは店を辞めた。
今、何をしているのか分からないだろう?
영(ヒョン)の会社の経理にスカウトした。
計算が合わなくて、毎日俺に酷い目に遭わされてる。
そのサングラスはウナがお前に必ず送ってくれと、何だ?それは?

ポングは、笑いながら同封された封筒からサングラスを取り出しかけてみる。

とにかく、お前の顔にサングラスは似合わない。分かるだろう?
と、サンウの手紙。
ポング、人相悪い顔をしながら、サングラスを外す。

俺たち、他人の写真はたくさん撮ったのに....
お前と二人で取った写真は一枚もなくて....
ところで、俺は誰だ?お前にとって唯一の兄ではないか?
必死に昼夜探してみたところ
偶然、お前と撮った写真があったので、お前に送る。
次に영(ヒョン)に会う時まで、
영(ヒョン)に会いたい時は、この写真を見ながら慰められるように。

ポングは、もう一つの封筒を開けてみる。
そして笑う...
写真の中には、以前ソウルにやって来る時
速度違反で無人カメラに撮られたサンウとポングの姿が写っている。

END

このラスト、大好きー
こんなオチだとは・・・この監督、天才かも。
泣かせて、笑わせて。




<< HOME

inserted by FC2 system