グッド・バッド・ウィアード  The Good, The Bad, The Weird 
 原題:良い奴、悪い奴、変な奴 좋은 놈, 나쁜 놈, 이상한 놈(チョウン ノム, ナップン ノム,イサンハン ノム) <2008>

 オススメ

 ストーリー

 韓流王道

 泣き

 笑い

名作

 映像

×

×

×

×

×


良い奴、悪い奴、変な奴

1930年代。多様な人種が入り組み、銃や刀が乱舞する無法天下’満州’。それ ぞれ自分のスタイルで激動期を生きていく朝鮮の風雲児と呼ばれる三人の男が運命のよう に衝突する。 金になるものは何でもハンティングする懸賞金ハンター、パク・ドウォン(チョン・ウソン)。最高でなければ我慢ができな い馬賊団親分パク・チャンイ(イ・ビョン ホン)。雑草のような生命力の特攻隊列車強盗犯ユン・テグ(ソン・ガンホ)。

彼らはユン・テグが列車を破壊して発見した正体不明の地図を独占するために、大陸を渡る追撃戦を繰り広げる。

正体不明の地図一枚を巡って 交錯する推測の中、日本軍や馬賊団まで彼らのレースに加担することになり…。結果を予測できない大混戦の中、 果たして最後の勝者は誰だろう?

公式サイト:http://www.3nom.co.kr/

【予告編】 

監督 キム・ジウン(金知雲) <1998>ク ワイエット・ ファミリー、<2000>反則王、 <2003>箪笥、<2005>甘い人生
<2008>グッド・バッド・ウィアード、 <2010>悪魔を見た

出演

ソン・ガンホ (宋康昊)

出演作品一覧

イ・ビョンホ ン(李炳憲)

出演作品一覧

チョン・ウソン(鄭雨盛)

出演作品一覧
ユン・ジェムン <2001>ジャ ングル・ジュース、 <2004>天国からのメッセージ、<2004>三 人三色 'インフルエンザ'編
<2004>20のアイデンティティ、<2005>南極物語、 <2005>ユア・マイ・サンシャイン
<2006>ロマンス、<2006>卑劣な街、<2006>グエムル~漢江の怪物~、<2006>熱血男児
<2007>あいつの声、<2007>優雅な世界、<2007>肩ごしの恋人、<2007>テハンとミングクさん、
<2008>グッド・バッド・ウィアード、 <2009>影の殺人、<2009>チャウ、 <2009>母なる証明
<2010>暴風前夜
ソン・ビョンホ <1999>ユ リョン(幽霊)、<2001>ラブ・レター ~パイランよ り~、<2001>フラワーアイランド、
<2001>インディアン・サマー、 <2002>オアシス、<2002>密愛、<2003>TUBE(チューブ)
<2004>木浦(モッポ)は港だ、<2004>大統領の理髪師、<2004>R-POINT
<2004>スパイダー・フォレスト 懺悔、<2005>お母さん、 <2005>美しき野獣
<2006>吸血刑事ナ・ドヨル、<2007>光州5・18、 <2007>正しく生きよう、 <2007>ファム・ファタール
<2008>GP506、<2008>グッド・バッド・ウィアード、 <2008>ちょっと水ください、
<2009>仁寺洞スキャンダル(友情 出演)、<2010>大韓民国1%

<< HOME

【レビュー&ネタバレ】
延期、延期で、ようやく2008年7月17日公開。
700万人を突破する大!大!大!ヒット!!現在のところ、2008年の興行1位。
それでも、興行2位の追撃者で痛い目に遭ってお り、
その上、先日キム・ジウン監督の反則王を見て、あまり にもつまらなくて絶句したばかりなので、
正直......
かなり不安な気持ちで見たわけでございます。
がしかし、そんな杞憂など無駄でしたー!

笑った!笑った!

古典ギャグの低レベルな映画ではなく、
笑いを狙った不自然なギャグでもなく、
まるで登場人物が生きているかのような自然な笑い。
ドラマが生きている!
これが映画よねぇ。
ソン・ガンホがこれまた見事!
オトボケキャラをナチュラルに演じております。
それだけでなく、睨みをきかしたシリアス演技もさすがです。
この映画は、ソン・ガンホでなければ成功はないと言ってもいいように思います。
素晴らしい!ブラボー!!

制作費は約200億ウォン!
それを聞いて、
どんだけスケールのデカい大作なんだろー
と、期待に胸ワクワク。
しかし.....
あんまり大作といった雰囲気ではないような?
いったい、どこにお金を使ったのだろう....
セットだってたいしたことないし.....
冒頭の列車シーン?
まぁ、ギャラだけでも相当なものでしょうけれど......

金使ってるわりには、ちょっと手抜きな感じも....
映像が、始めと終わりではエライ差が。
中盤くらいから、ヤケにショボイ。

湯水のようにお金を使った映画。
日本への高額輸出を見込んで.... という話もチラホラ。
ですが、未だ日本公開の話は聞きません。
とんでもない高値をふっかけたのでしょうけれど、
過去の日本での韓国映画の大コケぶりを考えれば、大枚はたけるわけがない。
韓国側が折れなきゃ、日本公開は難しいかもですね。

正直.......
日本での公開は危険かもです.....
きっと、韓国映画ファンしか見ないでしょう.......

チャンバラごっこならぬ、
ただのドンパチごっこですから!!

あらすじは簡潔だし、ストーリー性がないと言われるいわれは
観れば一目瞭然ですわ。
ストーリーはないに等しい........
地図を巡っての争奪戦、ドンパチごっこです。
最後に地図を手にするのは誰か!
それだけです。
作り手がストーリー性を無視していることも見て取れます。
無意味なカットが多いのよー
っていうのも、この後カットしただろう?と思わせるシーンが多い。
リュ・スンスが馬に引きずられた後のシーンも、
「しっかりしろ!」
とソン・ガンホが駆け寄って終わり。
普通映画であれば、この後リュ・スンスとのシーンがクローズアップされ、
イ・ビョンホンに対する憎しみを倍増させるものでは?
全くストーリー性などお構いなしなのである。
ラストの三人の決闘シーンに、突然イ・チョンアが映し出される。
これもカットされているのが明白。
だったら、一切出すな!
という感じなのであるけれど、イ・チョンアの見所を全てカットしたと聞いたので、
申し訳程度に映したのか...?
そもそも、イ・チョンアはこの映画に必要がない存在になってしまっております....
無駄に顔を出す......
特別出演のオム・ジウォンとの絡みで出さないわけにはいかなかったのか?
オム・ジウォンのシーンも、ホント無意味。
話がつながらん。
特別出演だからカットするわけにもいかないのか?
そもそも、三大スターの共演に特別出演はいらんだろう......
しかも、オム・ジウォンって......


この映画を観たいと思わせるものが、韓国映画ファン以外にあるでしょうか。
三大スターの夢の共演!
たって....
日本の一般人からすれば「誰?」ってなもんです.......
笑えるには笑えるし、アクションも頑張ってます。
ですが..... 
それなら.... ハリウッドを観るってなものでしょう...................

笑いのツボにハマれば、韓国映画ファンでなくても楽しめますが。


グッド・バッド・ウィアード.... しか し、 どんぐりの背比べ

いい奴であるチョン・ウソンは、懸賞金ハンターで、悪人を捕らえて生きている。
悪人に対する正義感を持つ、いわば’善人’なわけ。
ですが、やってることといえば... ドンパチドンパチ、無関係な人間をも殺しているでしょう。
変な奴も殺人は当たり前。
人間なんて、根本的には同じ... そんなアイロニーでしょうかね。


見所はアクション?

ソン・ガンホは基本的にお笑い担当?
ドンパチも、バイクに乗ってが基本。
アクション的には、免罪符?

一番苦労したであろう功労者は、三人中一番の若手(笑)チョン・ウソン。
ロープにぶら下がりながらのドンパチや、
馬上でのドンパチは、見ているだけで苦労がしのばれる。
実際、落馬して腕の骨を折る重傷も負っており、
自分のために撮影中断できないと、撮影強行したそうである。
しかも、衣装がタイトなためギプスもできなかったと....
こんなアクションは二度とやりたくないと言っていたが、
映画を観ればその心中を察するであろう....
あれは大変だ.....
猛スピードで走る馬の上でライフルを構え狙撃するのだ。
しかも、ライフルをクルっと一回転させるというワザつきで.......
そのワザがあまりにもかっこいいんですけどね!
繰り返しリピっちゃいます!
コートのすそを翻しながら走るだけでもかっこいいというのに.....
この映画の役回りとしては.....
ソン・ガンホ=笑い
チョン・ウソン=かっこよさ

残るイ・ビョンホンは....?

初めての悪役... ということくらいでしょうか?
それと、鍛え上げられた体!(笑)



ますますモムチャンになったのでは?


果たして勝者は?

三大スターの共演ということで、これは白黒つかないんじゃあ?と、思うところでありますが、
きちんと白黒はつきますわ。
ですが、この結末に納得いくかは人それぞれ。
誰に肩入れして見ているかによって、ガッカリな結末を味わうことに。


【登場人物】

【ユン・テグ】
(変な奴)
列車強盗犯
ソン・ガンホ
【パク・チャンイ】
(悪 い奴)
殺し屋
イ・ビョンホン
【パク・ドウォン】
(い い奴)
懸 賞金ハンター
チョン・ウソン
【ピョンチュン】
三国派・朝鮮人副親分
ユン・ジェムン
【マンギル】
テグの相棒
リュ・スンス
【キム辧主】
親日派朝鮮人富豪
ソン・ヨンチャン
【ソ・ジェシク】
アヘン商人
ソン・ビョンホ
【パク書房】
キム辧主の執事
オ・ダルス
【ソンイ】
朝鮮族
イ・チョンア
【ナヨン】 特別出演
独立軍
オム・ジウォン
【石原隊長】
日本軍
白龍

最近大好きなユン・ジェムン!
もっとコミカルなキャラを見た~い!と切望していたところへ今回の役どころ!(喜)
やっぱユン・ジェムンいいねぇー
今一番のmoca的注目株。

リュ・スンスは裏切り者のイメージが定着しそう............
最近この顔見ただけでうんざり.......

イ・ビョンホンの雇い主ソン・ヨンチャン。
反則王に続く二作目のキム・ジウン作品出 演。
キム・ジウン監督は、お気に入りの役者を再度キャスティングするようで?
相当な悪役でありながら、コミカルな雰囲気漂うのは、ソン・ヨンチャンの功績か?

国籍不明のソン・ビョンホ(笑)
最初は誰かわかりませんでしたがな。
相変わらずイイ味だしてます。

ほとんど出番なしのオ・ダルス。
脇役まで豪華!
と、思っておこう。










<< HOME

inserted by FC2 system